忍者ブログ
らくらんとにんたまについて語りつつ そのほかいろんなことを語る日記なぶろぐ。 ネタバレとか腐発言とかあるかもしれません。 画像もあるかもしれません。 電波かもしれません。
2017/12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、こんな微動だにしないサイトを見てくだすっている方々には感謝の言葉もございません。
非常に恐縮の至りでございます。


最近は私生活が大荒れというか大凪というか、未来(さき)が見えない2008夏、すべて自分が招いた事態ではありますが、足踏みし続けて地に埋もれたとでもいいましょうか、なんともなんとも。

一次にしろ二次にしろ(わたしはなべて並列化して考えるのですが)、創作という行為自体についての懊悩に囚われ堂々めぐり致してしまい、今一つ得た光明となる答えは結局のところ「作ってから考える」というもので、まぁ自分が臆病であったというだけの話でして、まぁしかし何を始めるにも遅すぎるということはあるまいと、暗い莫迦よりは明るい莫迦であろうと、少しく鬱の海から浮上してまいりました。

まずやらねばならんと思われる大きなことがありますので、二次創作活動にどれだけ気力を割けるかはまだ判らないのでやはり更新はできないとも思われますが、逃避癖の自分のことですので、大きな問題に取り組む間にふとこちらに情熱を燃やすやもしれません。どうぞそのときはよろしくお願いいたします。


そうそう、最近の忍たまブーム。これにはいささか足元を掬われた感があります。そしてエイジア堂のハメを外した感というか、「貴様!見ているなッ!」感というか。面白いには面白いのですが戸惑いを禁じえないのが正直なところ。作品自体にというより、それをとりまく人々の反応への危惧といったほうが正しいでしょうか。同人倫理はある意味不文律だからややこしい。わたしが不勉強であることは確かだが、同人(或いは25動など)という場ならではの自由さというかフラットさが、倫理を知ろうとするもしないも本人の選択如何でするりと公共化されてしまうところが怖いですね。そしてそれが半透明な倫理の網の目に触れてしまった時の反応熱。飛び火飛び火でジャンルまるごと炎上なんて例もなくはないでしょうね。あ、これで卒論かけるんじゃね?なーんて。


情愛が理屈に勝ったころ、また来ます。
PR
一か月ぶりですね。ご無沙汰しております。
突然ですが、自分がここ2年ほど働いておりましたバイト先の本屋が、もうすぐ閉店するんですね。
正式に決まったのが3月くらいだったんですが、ここ2か月ほどであれよあれよという間にバイト仲間が転職し、社員も減り、袋やブックカバー等の物資の補給は途切れがちになり、商品の在庫も減る一方、なんとも見捨てられた戦地のような有様でして。まだ残っている数少ないバイトのひとりである私は一生懸命働いているわけです。就活はとりあえず閉店するまで待って★とか言われながらね。いや、まぁいいんですけどね、どうせのらくらしてるから。

というかんじで、まぁまだしばらく浮上しそうもないです…浮上できそうなときは、思い切ってガッツリと改装したいもんです。はい。

あぁ…しかしスカイクロラは絶対見に行きたい……ぐふっ
自分は中高と吹奏楽部だったんですが、にんたま全員で吹奏楽部パロとかできないかなーって思ってるんですよ。なんかあの全寮制での密着感というか家族感が、吹奏楽部とつながらなくもないなって。まぁそれはどの部活にもいえること(家族感)と思うんですけどね。でも各パートがやがや言い合ってる感じは予算会議のようだなぁと笑。

フルート/作法
クラリネット/火薬
サックス/会計
ホルン/保健
トランペット/体育
トロンボーン/生物
バス/図書
パーカッション/用具
指揮/学級委員


どうでしょう。個人的にはトロンボーン竹谷とトランペット七松がゲロかっこいいと思います。ドラム食満も。そして伊作の不運感。ホルンって、すごく難しい割に地味なパートなんです。うちの学校ではたまに忘れられてました。(ホルンのみなさまごめんなさい)

しかしアレですね、吹奏楽に触れてない方に吹奏楽ネタをわかりやすく伝えるにはどうしたらいいんでしょうね・・・肋骨ダンスもとい身内ネタになっちゃうもんね…って今更ですけども…。変にまじめに描かないほうがいいんでしょうね。事実に基づかないで。っていってもわたしもそんなもう覚えてないですけどね。音楽記号とか。あと楽器なんて描ける気がしねえ。


いっぱいいっぱい描きたいものはあるんだけどな~~~おっつかない!頭も手も!とかいいつつ今日はジョジョのTheBookを一日使って読破しちゃいました。ゲロおもしろかった。

おもしろいものがかけるにんげんになりたいですね
オンリいてきました!参加した方、お疲れ様でした!!

なんか最後に東京帰ってきてから、ちきとハギオとでそのままカラオケオールしたんすけど、それが終始超楽しくて帰ってきてから案外疲れてないなーと思ったけどしっかり疲れてました。体が重いよ!

そして突然ですが、わたしたちは神崎左門を応援します。

今まで1ミリたりとも左門のこと考えてこなかったけど、あいつってものすごい面白いやつだと思うんですよ。

「♪せーかいじゅうのーだーいすきーをーあつめてもー♪」 って晴れてハレルヤ歌いながらジグザグ走る左門。
「♪いーざすーすーめーやーキッチーン♪」 ってお料理行進曲歌いながら料理当番する左門。
「♪すいみんすいみんすいみんすいみんすいみんぶっそっくっ♪」 って潮江抜きの会計委員カラオケ大会でヤケになってみんなで大合唱。

左門は魔法陣グルグルとキテレツ大百科が大好きなんですよ。だから誰かと喧嘩すると
「さっ…三之助のブタゴリラぁーーー!!!」とかってののしるんですよ。キテレツとミヨちゃんは褒め言葉。
そんで誰かがちょっとかっこいいこと言うと後ろから忍び寄って「クッ…クッサーー!!」って言うんですよ。
三年生と会計委員は意味がわかるんだけど、他の人は言われてもポッカーンとするしかない。

あと魔理沙は大変なryを超絶早口で歌う左門。ああいう言葉の響きが面白いだけの歌が好きそう。

自分らで言ってて終始爆笑してました。

しかしきっかけは中の人つながりのネオロマ曲をカラオケで聞いたことからです。ネオロマの甘々しい曲を聞いて「左門~!!(はぁと)」ってなる人はなかなかレアな気がしました。


雷蔵はくるりが好きそうって結論になったんですが、自分はくるり全然知らなかったので今度聞いてみるす。「雷蔵とは気が合いそうです~」って言いたい。


他にも上級生がどんなマンガ読むかを考えたりしました。きっとちきさんがそのうちまとめてうpしてくれるはずです。あやべ★光クラブ!


また行きたいです名古屋。服屋にいきたい。なんか東京より色合いやなんかが過剰な感じが好きです。国内旅行ってあんましたことなかったけど、服装とかにも地域性って出るんですねぇ。
おつかれさまでした!すごくねむい
昨日の夢で、久々知と竹谷が出てきた…!!!


なんか現代の高校で、わたしが久しぶりに学校行ったら担任の先生が「@@@実行委員をやってくれないかしら」となにかの実行委員を頼まれた。最初はめんどいなーと思ったのだが、次に発せられた言葉は

「兵助と一緒だから、あなたならうまくやれると思うのよね」

ななななななななぬぃぃいいいいいいい!!!!!????
やれますとも!!!!!!!!!!

しかもその担任の先生、久々知のお母さんであった…!!!(久々知町子さんという名前だった)
勝手な妄想設定がものすごく活かされている。(久々知の両親は教師、とくにお母さんはソフトbankのCMみたいな感じ)

そんで学校内をちょいちょい歩き回るとそこが昔住んでた団地に激似だったりして、まぁそんなことはどうでもいい。

委員会が始まった。席順は、 竹谷 私 久々知

なんという…!!!!!!!!!!!

わたしは先生へと「兵助君と一緒ならなんだって大丈夫です!!!」みたいな異常にテンションの高いメールを打っていたのだが、久々知が隣に来たので見られてはかなわんとあわてて携帯を閉じた。夢の中ですらイタい私。正直切ない。

と、竹谷が何か話しかけてきた。内容は覚えてないけど、めっちゃ気さくで、それでいてかっこよかった…!!!
話しかけられた瞬間、どきゅーんってなって、「私…どうしよう実は兵助より竹谷のが好きかも・・・!」
って思っちゃうくらいのイイ男オーラが出てた。笑顔がやばいね。あいつ。
そして竹谷は私と久々知に向かってずっとしゃべってたんだけど、久々知は緊張気味の面持ちで、ただ静かに委員会してた。たまに相槌うつくらいだったかな。ちょっと残念。


そんな夢でした。正直、昨日の夜はまた狐憑きみたいな取り乱しようだったんですけど、疲れ果てた私に私の脳がご褒美をくれたとしか思えないよね。あとちょっとした訓示。「描け!」という訓示…。

それにしても竹谷かっこよかった。兵助可愛かった。黒ウサギちゃんだった。
1  2  3  4 
忍者ブログ / [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
瀧野
HP:
性別:
非公開
趣味:
読書 映像 ものづくり
自己紹介:
タカにゃんと兵助君がSUKI!
はっちとらいぞーもSUKI!
あと作法がSUKI!
フェアリー長次がSUKI!
そしては組がSUKI!

少年漫画とラノベと児童文学で育った感がある。
バーコード
ブログ内検索
カウンター