忍者ブログ
らくらんとにんたまについて語りつつ そのほかいろんなことを語る日記なぶろぐ。 ネタバレとか腐発言とかあるかもしれません。 画像もあるかもしれません。 電波かもしれません。
2017/09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さかもとまーやちゃんの曲で、


今 この頬に 触れたその指先が
優しく語った きっと訪れる 私たちの
別れの日の ことを 限られた時間の 中で
あと いくつのものを あたえあうの?


とゆう歌詞の曲があるのですが、コレで昨日はタカくく考えてたんですね。しかし聴いてたらむしろ竹孫ソングなんじゃないかという可能性に行き着きました。

孫兵って、いろんなペット飼ってきたわけだから当然それらが産まれるのも死ぬのも何度となく経験してきていると思う。室町版だと時代的に生き死にがリアルに身近だから、それ(生き物の死に際を沢山経験していること)が逆に死を受け入れる強さに繋がるかもしれない。しかし現代版において、生きることも死ぬことも希薄にしか感じられない日々の生活で、孫だけは生のなかに死の影を見てしまうのではないかと思う。
頬に触れた竹谷の手の温かさを、いつかどちらかが死んだら感じられなくなるんだなって思っちゃうみたいな。


一方タカ久々においては、室町でも現代でもタカ丸はタカ丸なので、浮気をされるんじゃないか飽きられるんじゃないかと常に久々知が内心怖れていて、昨日帰りが遅かったタカ丸が今日はいつもより優しくて(性的な意味で笑)寝たふりをする兵助君の頬をさらさらと撫でていて、あぁ他のやつにもこんなふうに触れるのかなって思ったら泣きそうになって寝返りうってごまかした。みたいな。


竹孫における終わりは死別で、タカ久々における終わりは別れってかんじ。竹谷とタカ丸の人間性の違いによって、受けの子に与える不安はこんなにも違うのですね!



作品世界に終わりのない落乱において、二次創作で終わりを描こうとするのは当然の流れであるとも思う。その逆もまたしかり。



いつかちゃんと描きたいなー

あと予告編をどうにかせねば!!!正直忘れてたよね…はは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Track
Back
この記事にトラックバックする
15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  5 
HOME
忍者ブログ / [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
瀧野
HP:
性別:
非公開
趣味:
読書 映像 ものづくり
自己紹介:
タカにゃんと兵助君がSUKI!
はっちとらいぞーもSUKI!
あと作法がSUKI!
フェアリー長次がSUKI!
そしては組がSUKI!

少年漫画とラノベと児童文学で育った感がある。
バーコード
ブログ内検索
カウンター